病院案内

藤原歯科医師のブログ

2009年06月23日
■エコバッグの今後・・・・

http://video.google.co.jp/videoplay?docid=-8142677247936155656&ei=-5c_SqPuG4rcwgOP4_GVBQ&q=%EF%BC%99%EF%BC%91%EF%BC%91&hl=ja&client=firefox-a


大分の歯科・藤原歯科です。


エコバッグの今後を考えさせられる記事だと思いましたもので・・・・


話題:買い物かご返して/持ち帰りで年3500万円分被害の社も/北九州・1店舗で月500個


 スーパー備え付けの買い物かごを持ち帰る客が相次いでいる。北九州市内の1店舗だけで月約500個が持ち去られ、全店舗の被害総額が年間約3500万円に及ぶスーパーもある。持ち帰ったかごは、買い物用のマイバックや洗車用品入れなど家庭で再利用されているケースも多いという。スーパー側は客相手に波風を立てたくない面もあってか、警察への相談は少ない。どの店舗も監視を強化したり、張り紙で警告したりするなど対応に苦慮している。【西嶋正法、佐野優】


 「かごの購入費がかさみ、このままでは商品価格にも影響してきそう」。全国に93店舗を展開するディスカウントスーパー「トライアルカンパニー」(福岡市)の担当者はため息をつく。同社広報によると、かごは1個あたり250円で、持ち去る客の年代は40~50代が多い。


 同社では北九州市内の1店舗だけで1カ月間に500個が盗まれたのを機に、06年から全店にかごの回収担当を配置した。多い店で月250個前後に減ったが、それでも被害総額は年間約3500万円になるという。昨年10月ごろからは所定の場所に戻すよう呼び掛ける張り紙を店内に掲示している。同市小倉北区の男性店員(61)は「以前、持ち帰ろうとした客に声を掛けたら『かごぐらい、いいじゃないか』と開き直られた」と振り返る。


 九州を中心に約130店舗を抱えるダイレックス(佐賀市)は最近3カ月間で計約1000個なくなり、損害は年間約120万円に上る。店舗運営部の田中隆一係長は「マイバッグ持参を促す店が増える中、持ち去られたかごがそうした店で使われている可能性もある」と話す。


 福岡県内に16店舗あるスーパーは昨秋以降、被害が急増。張り紙を掲げるが、それでも被害が相次ぎ、各店からは3~4カ月ごとに補充要請があるという。首都圏で46店展開するオリンピック(東京)も「月約300~400個無くなっている」と頭を抱えている。


 業界関係者によると、駐車場が広いほど死角が増え被害が目立つ。盗んだかごは洗車グッズや日用品入れなどにも使われ、出前用に利用している飲食店もあるという。


 日本チェーンストア協会(東京都港区)の小笠原荘一常務理事は「ゆゆしき事態だ。軽い気持ちなのだろうが、かごの持ち帰りは立派な犯罪。万引きと同じという自覚を一人一人に持ってもらう必要がある」と話している。


2009年6月21日

投稿時間 : 00:08  投稿者 : 藤原歯科医院